2分でまとめてくれてる

これ。

たまに見ちゃう。

なんかこのイザナギ様かわいくないか?

古事記、日本書紀が読みにくいのって名詞の長さにあると思うんだよ。名前が、長いんだよ。それでも最初は読むんだけど、人間の短期記憶ってぱっと覚えられる上限が7なわけ。それ以上になると努力が必要になる。で、何かっていうとイザナギ様の禊のところで7どころじゃない数の神様がばんばん生まれてきてそれがまたみんな名前が長いの。そこで読むの難しいなーとか初見殺しみたいなのが起きるんだと思うのよ。

ほんとどうでもいいついで話なんだけど、スペイン語圏の小説で登場人物の半数ぐらいが全部名前「ホセ」で、読んでるうちにどのホセだよ!ってなるのあった。名前って大事。。

0コメント

  • 1000 / 1000